セルフマッサージとフェイシャルエステ

近頃では、化粧品や美顔器が発達して、非常に優秀な市販の機器を手軽に購入できるようになりました。
家庭に置いてもあまり場所をとらなくなったのも、多くの人を購入に向かわせている理由です。
宣伝文句は「エステ並みの実力」という内容が多いので、やはりフェイシャルエステでの実力は並大抵のものではなかったということがわかります。
では市販の美顔器などでセルフマッサージをするのと
フェイシャルエステに行くのとでは、本当はどちらが効果があるのでしょうか。
フェイシャルエステの中にも、オールハンドテクニックを持ち味にしているところがあります。
優秀なエステティシャンに自信を持っている証ですが、同じ手を使っているなら素人でも練習すれば出来そうな気がしてきます。
ただ、最大限の美容効果を出す力加減などには、独特の技法があるようです。
雑誌などで紹介されているマッサージ法にはない秘儀もあるはずですから、簡単にまねできると侮らないほうがいいかもしれません。
エステティシャンの動きはスムーズで、いとも簡単に手を動かしているようでいて、顔の各部位で圧力を細かく変えていたりします。
それは、皮膚の薄さが場所によって違うからです。
肌内部にある組織にまで作用を送る方法も、一朝一夕に身につけられるものではありません。
自宅で行えるスキンケアとフェイシャルエステで受けられる施術とは別に考えてバランスよく利用するのがよさそうです。